FC2ブログ
上を向いて歩こう♪
端午の節句用フォトフレーム
koinobori10.jpg
momotaro13.jpg

端午の節句用フォトフレーム、仕上がりました!!

こいのぼりの柄と桃太郎の柄の2種です

桃太郎はキジを描くのが難しくて

何度描いても「え?これ何?」と

主人からダメだしされて泣きながら何度も描き直しました

気を取り直して母に試作品を見せると

犬のイラストを指差して

「あら、このクマちゃんがかわいいね!」と

立ち直れない一言を浴びせられました・・・。

そんなこんなでようやく販売開始です。

初節句のお祝いやご両親への内祝いに最適です。

是非ご覧くださいね

ガラスのギフト&メモリアルのお店bloomブルーム
ミモザ
110322_150417.jpg

お隣のお店の店長にミモザをいただきました

早速お店の入口に飾っています。

最近暗くなりがちだった気持ちに

ミモザの黄色が元気を呼んでくれました
確定申告
先日、確定申告に行った時の事です。

私が書類の点検をしていると

隣の60代くらいのおばさまの所に

20代くらいの若い男性職員が来て

声をかけました。

「どういったご収入がおありですか?」

すぐ隣なので

聞きたくなくても

声が聞こえてきます・・・。

すると、おばさまが

ちょっぴり恥ずかしそうに言いました。

「趣味・・・ですか・・・。そうですね~・・・。」

すごくおかしくて笑いたいのを必死でこらえるのが大変でした
発送再開
地震発生以来ようやく関東地区への発送を再開いたしました。

お待たせしていたお客様には心よりお詫び申し上げます。

現在、九州から関東への米や日用品等の発送が膨大な量になっているらしく

なかなか目的地への宅配便配送がスムーズにいかないとの事です。

つい10日前までは日本がこのような状態になるとは

考えつきもしませんでした。

インフラの復旧を切に望みます。

さて、いつまでも悲しんでばかりはいられません。

気持ちをしっかり持って生きていかねばなりません。

そしていつでも困っている人に手を差し伸べられるよう

自分たちの生活を平常に保つ事も大切だと思います。

先日旅したモンサンミッシェルの中に

亡くなった人に祈りをささげる為の部屋がありました。

お祈りを捧げた後は、窓のような所から海へ遺体を葬るという説明でした。

ちょっと乱暴な感じがしましたが

「死は終わりであり、始まりである」という意味の言葉が刻まれており

その言葉が今も深く心に残っています。

祈り
連日の災害特番では目を覆いたくなるような被災地の現状が映し出され

これは現実に起こった事なのだろうか

悪い夢であってほしいと心から思います。

3月に入りちょうど初節句内祝いの商品のご注文が多い時期で

色々な地域からご注文をいただいております。

制作時は特に同じ商品の注文が重なる為、文字原稿の取り違いのないよう注意しながら

慎重に制作いたします。

11日、店から帰宅して大地震のあった事を知り

急いでご注文をお受けしているお客様の住所をすべてチェックいたしました。

東京、神奈川などからのご注文がいつも一番多いのですが

その中に宮城県気仙沼市の方のご注文を発見したのです。

9日の夜に「初節句内祝」のフォトフレームをご注文いただいており

発送先は九州のご両親のようでした。

ニュースでちょうど気仙沼の津波被害の様子を報道しており

足の震える思いで呆然と見つめておりました。

すでに文字確認やお届け予定日のお知らせのメールをお送りした後でした。

関東地区のお客様にはメールやお電話でお見舞いと商品の発送遅延のご連絡をさせていただきました。

皆様、本当に恐かったとおっしゃっていました。

ただ、やはり気仙沼には電話もメールも通じず

とにかくご注文いただいた商品を心を込めて制作しようと思いました。

商品に去年お生まれになったお嬢様のお名前と

小さな身長、体重をエッチングする時

どうか無事でいて欲しいと祈りを込めて制作しました。

その後の報道でお客様のご住所は津波の被害の最も大きかった地域で

火災の被害も大きかった事を知り

どうぞご無事でいて欲しいと毎日心の中で祈っておりました。

昨日、九州のご両親に商品をお送りしたのですが

もしまだ安否の確認ができていない場合

突然内祝の商品が届けば混乱されるのではと思い

3月9日にご注文いただいた事と

ご無事をお祈りしていますという事をお伝えする

お手紙をそえさせていただきました。

すると、今朝お客様のお父様より

店にお電話をいただきました。

私はちょうどいなかったのですが

気仙沼のご一家は小学校に避難できて皆様ご無事だったとの事です。

店に行ってその報告を受け本当に本当に嬉しくて涙が出る思いでした。

ほっといたしました。

でも、被災地はまだまだ過酷な状況で被災者の皆さんは不自由な生活を強いられています。

少しでも何かしたくて気持ちばかりですが募金をさせていただきました。

どうか一人でも多くの方の命が助かり

一刻も早く皆様が普通の生活に戻れますよう

心から願わずにはいられません。



納期遅延について
3月11日の東北地方太平洋沖で発生したM8.8の地震等によって被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、一日も早い復旧をお祈り致しております。

今回の地震により、納期の遅延が発生しております。

九州・中国・四国・関西地方への発送は多少の遅延が想定されますがお届け可能でございます。

その他の地域への発送につきましては配送ラインが復旧次第迅速に対処いたしますので何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。
東北地方太平洋沖地震の影響についてお知らせとお願い
東北地方太平洋沖地震の発生に伴い商品の発送に遅延が生じる可能性がございます。

当店ではヤマト運輸にて商品をお届けしておりますが

ヤマト運輸より下記の通り通達がございました。

大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

現在ご注文いただいている商品につきましては、今後個別にお届け予定などについてお知らせいたします。

●東北地方太平洋沖地震に伴う集配遅延および荷受けの中止について

3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震に伴い、下記の通り荷物の集荷・配達を制限いたします。ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

1.北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県の1道6県行きの、すべての商品(宅急便、クロネコメール便など)の荷受けを中止します。なお、この地域については集荷についても中止させていただきます。.

2.東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県行きの、宅急便タイムサービスおよびクール宅急便の荷受けを中止いたします。なお、この地域については同商品の集荷についても中止させていただきます。.

3.上記以外の地域についても、集荷・配達ともに大幅な遅延が発生いたします。ご了承いただけますよう、お願いします。.以上、状況が判明次第、順次対応をお知らせさせていただきます。
掲載誌のお知らせ
ブライダルシーズン到来です。

下記3誌にbloomの商品を掲載させていただいてます。

是非ご購入を

メモリーさん、写真が小さいのしかなくてごめんなさい

110308_182723.jpg

00001.jpg

memorymarch.jpg
フランスの旅・その1
フランスで撮った写真をちょっとずつご紹介します。

今回の旅は昔っからとにかくモンサンミッシェルに行きたがっていた母へ

いつも迷惑かけてる娘の、ちょっと恩返しの旅です。

まずは新羽田国際空港で夕食。

羽田1

江戸の街並みが再現された飲食店街でてんぷらと蕎麦をいただきました。

そろそろ搭乗手続き・・・という時になって

主人から「行ってらっしゃい!」のメールです。

今回、主人も子供もほったらかしのわがまま旅行・・・。

かなり心苦しかったのですが「家の事は気にせず、是非行ってきなさい!」と主人が言ってくれたので実現いたしました

そんな優しい主人からのメールに謎のメッセージが・・・。

「困った時にはコートの内ポケットを見てごらん。」

なんだろう?と思ってコートの内ポケットを探ると・・・

な、ない!!!

内ポケットがない!!!

母にメールの事を話すと

「ちょっと、コートを脱いでよく見てごらん。」と言うので

コートを脱いでよく見たのですがどこにもありません

するとなぜか母までコートを脱いで内ポケットを探してました・・・。

気になってしょうがないので

「内ポケットないよ」と返信。

すると

「もう見たの本当に困った時に見なきゃダメだろ」と返ってきました。

私も母も更に必死に汗だくになって色々探しましたが

結局何のことやら一向にわからないまま搭乗手続きの時間になり

もの凄くモヤモヤしたまま出発いたしました・・・。

後日談ですが、その頃我が家では私がありもしない内ポケットを探している姿を想像して

主人と子供たちで大笑いしていたそうです

すっかりぐったりして羽田を夜中の1時に出発。

11時間かかってシャルルドゴール空港へ到着した時には足がパンパンにむくんでおり

ブーツを無理やり履きました

パリに着いて携帯電話の電源をONにすると

もうフランス時間になっていて驚きました。

え?当たり前?

主人と長男に到着のご報告メールを送信

長男からは完全無視されました

帰ってから文句を言うと

パリなうってツイッターのつもり?」と言われちゃいました

その通り。

ちなみに主人にはシャルルドゴールなうとだけ送りました。

ところで、シャルルドゴールってフランスの初代大統領の名前だったんですね。

知りませんでした(恥)

さて、いよいよパリからモンサンミッシェルへ・・・。

ここからまたバスで5時間かかります。

バスの車窓から見るフランスの田舎の風景に大興奮の私と母。

ただの田舎のはずなのにオシャレなのは何故???

旅の間中ずっとあちこちで見かけて

母が完全にとりこになってたのがこのヤドリギという寄生植物です。

1フランス

木の枝にとにかくたくさんくっついてる丸いかたまり。

ホントにあちこちで見かけて

「あの木の写真を撮って!!!」と木の写真ばっかり撮らされた私です・・・。

【続く】
最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク