FC2ブログ
上を向いて歩こう♪
祈り
連日の災害特番では目を覆いたくなるような被災地の現状が映し出され

これは現実に起こった事なのだろうか

悪い夢であってほしいと心から思います。

3月に入りちょうど初節句内祝いの商品のご注文が多い時期で

色々な地域からご注文をいただいております。

制作時は特に同じ商品の注文が重なる為、文字原稿の取り違いのないよう注意しながら

慎重に制作いたします。

11日、店から帰宅して大地震のあった事を知り

急いでご注文をお受けしているお客様の住所をすべてチェックいたしました。

東京、神奈川などからのご注文がいつも一番多いのですが

その中に宮城県気仙沼市の方のご注文を発見したのです。

9日の夜に「初節句内祝」のフォトフレームをご注文いただいており

発送先は九州のご両親のようでした。

ニュースでちょうど気仙沼の津波被害の様子を報道しており

足の震える思いで呆然と見つめておりました。

すでに文字確認やお届け予定日のお知らせのメールをお送りした後でした。

関東地区のお客様にはメールやお電話でお見舞いと商品の発送遅延のご連絡をさせていただきました。

皆様、本当に恐かったとおっしゃっていました。

ただ、やはり気仙沼には電話もメールも通じず

とにかくご注文いただいた商品を心を込めて制作しようと思いました。

商品に去年お生まれになったお嬢様のお名前と

小さな身長、体重をエッチングする時

どうか無事でいて欲しいと祈りを込めて制作しました。

その後の報道でお客様のご住所は津波の被害の最も大きかった地域で

火災の被害も大きかった事を知り

どうぞご無事でいて欲しいと毎日心の中で祈っておりました。

昨日、九州のご両親に商品をお送りしたのですが

もしまだ安否の確認ができていない場合

突然内祝の商品が届けば混乱されるのではと思い

3月9日にご注文いただいた事と

ご無事をお祈りしていますという事をお伝えする

お手紙をそえさせていただきました。

すると、今朝お客様のお父様より

店にお電話をいただきました。

私はちょうどいなかったのですが

気仙沼のご一家は小学校に避難できて皆様ご無事だったとの事です。

店に行ってその報告を受け本当に本当に嬉しくて涙が出る思いでした。

ほっといたしました。

でも、被災地はまだまだ過酷な状況で被災者の皆さんは不自由な生活を強いられています。

少しでも何かしたくて気持ちばかりですが募金をさせていただきました。

どうか一人でも多くの方の命が助かり

一刻も早く皆様が普通の生活に戻れますよう

心から願わずにはいられません。



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク